大学受験を視野に入れて中学受験をしていくのであれば、中高一貫校を目指してみるのもおすすめです。というのも中高一貫校は入学してからすぐに大学受験に向けての勉強をしていく為、効率がとても良くなっているのです。基本的には大学受験を目指して入学してくる人が多くなるため、周囲のモチベーションも高いので、勉強をしていく環境は整っていると言えるでしょう。ただし、予備校に通うことにはあまり良い印象を持っていないので、予備校に通う予定の方は避けた方がよいかもしれません。

また、大学受験を視野に入れた高校への進学で覚えておくとよいのは内部進学です。ただしこの内部進学ですが、名前だけを聞いて入学までしてしまう人も少なからず存在します。大学と同じ名前が付いていても、内部進学があるとは限らず、推薦に関しても薄いところもあるため、入試を受ける前に注意しておきましょう。

経営関係が提携しているだけで実際には推薦としての効果が何もない高校も一定数存在しています。入試を受けていく前には実際に一度行ってみることも大切ですが、HPなどのサイトや資料を確認して、勘違いをしてしまっている部分がないかどうか確認してから出願するようにしてください。