中学受験で志望校を考えていくときに考えるものとして、その後高校入試がある学校を選ぶ場合は注意する点があります。中学の入試自体ではあまり問題がありませんが、高校入試と大学入試では、また勉強の質が変わってきますのでその分の勉強をしている時間がロスとなりかねません。もちろん高校に入ってから受験勉強を入学当初からやっていってくれる学校の場合もそこまで問題にはなりません。

しかし、偏差値の高い高校の中にはなぜか大学受験に対して非常に緩い学校が存在します。これは、中学受験と大学受験が将来を見据えた受験であるのに対して、人気の高い学校が偏差値上位校になることが多いためです。

そのため、偏差値は高く校風が緩い高校に入学した後、偏差値の高い高校だからと言って安心してしまっていると大学入試対策が遅く3年生になってから気付いて焦ってしまう人も少なくありません。自分の志望している高校を変更する必要はありませんが、そのような高校への入学を考えているのであれば一年生の時からコツコツと準備をしていきましょう。そのような高校では先生方の予備校に対する忌避感も少ないため、ある程度早い段階で予備校に入って対策をしておくことをお勧めします。