偏差値は中学入試、高校入試、大学入試でそれぞれ難易度が全く変わってきます。受験対策の各サイトが模試の結果をもとに学校ごとの受験難易度をして偏差値を掲載しています。しかし、偏差値は同じ数字でも受験難易度は大幅に異なることが多くあります。これはやはり分母が問題となります。

中学入試であればその模試にもよりますが、中学受験をするこどもたちだけが受けているため偏差値はそれ相応になっていきます。高校受験は中学受験よりも受験する人数が多くなりますので差がばらつき偏差値も開きが大きくなります。大学受験に関しては、高校受験よりは少なく、中学受験よりは多いといった形になりますので開きの大きさは中間くらいになってきます。

そのため、受験の偏差値は、中学、高校、大学で比較はせずにそれぞれの学校で比較しなければなりません。また、高校の偏差値が高いからと言ってそれはそのまま大学受験で講難易度の学校への進学者が多いとは限りません。高校の人気は進学実績よりも行事や学校の校風、制服のかわいさでさえ変動していきますので注意が必要となります。高校を選ぶときなったらその点は注意して、進学実績も合わせて確認をしていくようにしましょう。