学力を上げていく上で小学生にとって特に大切なのは生活習慣の固定化です。前述のとおり勉強のできること言うのは日常生活の中でしっかりとした態度を見ることが出来ます。勉強ができるからしっかりしているわけではありません。

むしろしっかりしているからこそ勉強ができるのです。ここはとても大切な事なので良く覚えて置いて下さい。しっかりしている子というのは勉強だけではなく、全てにおいて丁寧に行動しています。そのため、勉強をしていく中でも、必然的に一つ一つをしっかりと覚えていくようになります。

子供が小さいときにしつけをしていくのは当然のことかもしれませんが、それをしっかりとやり切るのは難しいことです。厳しくしすぎてしまえば元気がなくなってしまうかもしれませんし、甘やかしすぎてしまえば、社会に出てから困ったことになってしまいます。ちょうど良いさじ加減というのは見つけづらいものですが、子供の良い分をしっかりと聞いたうえで、悪いことは悪い、いいことはいい、と言ってあげられるようにするとお子さんは人としてはもちろん、成績も向上していくことになります。先生や保護者の方だけでなく地域で一丸となって子供を育てられると偏った考え方になりにくいので地域の方と触れ合っていくのもお勧めです。