最近は中学受験でも英語が受験科目として扱われるようになってきています。小学校でも英語の授業が始まったりと小学生もだんだんと忙しくなってきています。これは完全に今の日本の現状が反映されたものですので、これから先も取り入れる学校は増えてくることになるでしょう。

現在の日本ではグローバル化が叫ばれて久しい状態です。そして確かに語学は幼い時から覚えていった方が効率よく覚えていくことが出来ます。そのため、英語という大きな範囲で使うことが出来る言葉は将来につながるスキルとして認識されています。そして、もっとわかりやすく言ってしまえば高校入手や大学入試で英語は重要視されるため、早い段階から使えた方が学校としては実績に繋げることが出来るのです。

英語だけを学んでも、他の教科が出来なくては意味がありませんが、出来るだけ時間を作って英語に触れるような環境を作っていくのは必要になります。そのため、中学受験では必要ないとしても、先のことを考えると早めに始めていくことをお勧めします。ただし、国語が出来ない子は英語の難しい文章も読むことが出来ないので、あくまで中学受験で必要な場合か、時間がある場合に始めるようにしていきましょう。