社会は低学年からであれば身近なものに興味を持たせることから始めていくと自学のこころが目覚めていきます。社会に関して偏差値UPの方法は関連付けと暗記の強化しかありません。そのため、どれだけ集中して物を覚えていくかというのが受験に置いては大切になるのですが興味のないものに関しては集中も長くは続きません。ですので、いろいろな所に一緒に出掛けて行ってお子さんの興味を刺激していくのが最初の段階になります。

高学年になってからは、暗記は前提になっていきますが、意味の理解と関連付けが合否を分ける大きな要因となっています。社会では暗記が出来ていなければ得点は全くできませんので暗記は必須となります。しかし、合否の分かれ目は文章題などになりますので、意味をしっかりと理解している事、他の項目との関連付けが必要になってきます。そのため、単純な暗記だけをしていた場合は必要なラインまで届くのが難しい状態となります。

勉強をしていく際は他の単元との関連付けをしながらノートにまとめていき、必要な項目を対比させながら覚えていくと効率よく学習していくことが出来るようになります。時事問題と合わせて覚えていくとより効果的に学習していくことが出来ます。