算数の具体的な勉強方法としては、一段階目に理解を深くするようにします。そして二段階目の勉強方法は世間でも良く言われるドリル、問題の数をこなしていくと言う方法です。しかし、これもただ闇雲にやればいいと言うわけでは無いので注意が必要になります。ここはやり方によって効率として大きな差が出てきます。良くある一番まずいやり方がやりっぱなしです。これは確かに、効果が出ないわけでは無いのですが、非常に効率が悪くなります。なので、問題を解いていくときは、解く作業も重要ですがそれ以上に復習に時間をかけるようにする必要があります。

復習に時間をかけるのは問題を解く以上に有用です。まず、問題を解いていくのは理解した知識を定着させ、深化させていくことこそが目的となる為、解いた後にこの問題はこのような形で解くのだと覚えていくこと、暗記していくことが最も重要になるのです。これは理系科目に共通していることですが、問題を解いてそのパターンを覚えていくことによって計算の最適化を図ります。また、この知っているパターンの数を増やしていくことによって発想も生まれていくのでとても重要です。

偏差値を上げていくのもこの方法でまず基礎問題を絶対に落とさないようにする、すると応用問題を解くための時間を捻出することが出来るようになるため自然と上がっていきます。