よく国語は文章を理解しなくても受験テクニックがあれば正解を導くことが出来ると言う話があります。これは少し聞いただけだと胡散臭く聞こえるかもしれませんが事実です。もちろん問題文自体を理解している方が得点しやすいの言うまでもありませんが、国語の問題がどうしても筆者の考えかよりも出題者の意図を理解するものとなってしまうことが多いため、出題者の意図を把握するテクニックが有効となるのです。

具体的には、問題文ではなく設問の文章の言い回しの理解や、指定部位の場所の把握、学校ごとの出題傾向による解答の模範例の把握などがあります。これらは、中学受験だけでなく、高校受験や大学受験でも有用なものとなりますので覚えておいて損はありません。時間があるのであれば問題分の把握を出来るように地力を付けられた方が良いですが、受験までの日数が少ないのであればこちらに特化してしまうのも一つの手だと言えます。

過去にあった例としては、大学受験の話にはなりますが、入塾時に国語の偏差値が40前半だった子供が、受験の終了まで問題文が理解できないと言いながら、質問に来るがどの問題が分からないのかと問えば問題自体は全部正解していると言う話さえあります。