受験に置いてもっとも大切な事は勉強の習慣づけだということが出来ます。日本の入試はその多くが暗記と定着になりますので繰り返し、何度もおこなっていくのが重要になるのです。

具体的な習慣の付け方としては、小さいころから勉強は身近に存在して、自分がやらなければいけない事だと認識づけていくのが良いでしょう。勉強を始めていくのが低学年であればそこまで厳しく始めていく必要はありません。一日一時間から二時間、学校の予習復習と最低限の受験対策の暗記から始めて行って良いでしょう。小さなころは遊びながら人とのコミュニケーションを覚えていく必要があります。それに、勉強ばかりきつくやらせていくと途中ではじけていく可能性が高まります。よく教師の子供は中学生までは優等生だが高校以降で残念になることが多いと言われますがそれは紛れもない事実です。ある意味では自我の確立が薄い時は素直にいうことを聞いていきますが、周囲との際に気付きそれがストレスだと感じてしまうと意志が強くないとはじけてしまうのです。

そのため低学年の頃からがつがつとやらせるのではなく、勉強は必要なもので、それをやっていくのが楽しいと感じてもらえるようにしていくのが勉強の習慣づけの理想となります。