純粋に学問として勉強をしていくのであればすべての科目を万遍なく学習していくのが良いのですが受験というものを考えるとそうとは言えません。受験では重要視される教科があるのでその順番によって学習の頻度を決めていきましょう。

まず、重要視される科目は国語と算数です。というのも中学受験では二教科で国語と算数のみの受験を採用している学校があります。また四教科の受験と二教科の受験を併用して行う学校もあるのです。その場合に学校によって差異はありますがまずは国語と算数のみで合格者を一定数を出してしまってからその後の二科目を足した四科目での合格者を選定します。これは二科目受験と四科目受験の生徒で、国語算数だけであれば二科目受験の生徒より高くなるが四教科の平均にしてしまうと不合格になってしまう生徒を少なくするのが目的となります。

国語算数の次に来るのが理科と社会です。中位以下の学校ではこの二教科はおまけのようなあつかいになっていることもすくなくありませんので、自分の志望校に合わせて学習をしていく頻度を考えていく必要が出てきます。しかし、上位の学校では同じくらいの重要度と考えて入試を作成している学校も多くなってきますので注意しましょう。

最後に番外的な扱いにはなりますが英語と作文です。これは全ての学校であるわけではありません。もちろん、小学生の時から学習していくことに意味はありますが自分の志望校にないのであれば後回しにしてしまっても問題ないでしょう。