日本の入試は基本的には基礎を重視した、社会の中で生きていくことの出来る人間を取ることが出来るように作られていくと書きましたが例外はあります。例えばAO入試やスポーツ推薦等の学業以外で学校の看板として活動できる人たちや、職業的に天才を求めるところです。

学校も組織ですので、認知度を上げて生徒を確保しなければいけません。そのため、学校の看板になることが出来る、簡単に言ってしまえば他の生徒が憧れるような生徒は優遇されます。また、中学受験では分かりづらいかもしれませんが、大学の一部の学部では就職先がある程度定まってくるところも多くあります。例えば慶應義塾大学のSFC、環境情報学部や総合政策学部などをその例として挙げることが出来ます。この二つの学部は偏差値ベースで考えると私立大学の最難関学部の一つということが出来ます。そして、実際に合格していく人の中には全てを完璧にこなしていくと言うよりも一点特化の天才型がかなり多くなります。また、ICUなども同じことを言うことが出来るでしょう。

これは大学の話ではありますが、これらの学部を目指していく中学高校は自然と入試方式も求められるものの意図も自然とそちらに近づきますので、中学受験でも関係のない話では無いのです。