入試問題の傾向、推奨される勉強方法は一部例外を除き最初の段階ではどの学校でもあまり変化はありません。まず、問題の傾向は基礎的な問題と応用的な問題を混ぜて使ってきます。基礎的な問題の部分に関しては決して落としてはいけません。学校からしてみればこの部分に関しては出来て当然、といった問題です。この部分をケアレスミスで落としてしまうと合格は一気に難しくなります。なぜなら入試は、この基礎部分をほぼ満点として、その他の部分でどこまで差が出来るかを見ていくテストになりますので、ここで落としてしまってはスタートラインに立つことが出来ていない状態になってしまいます。

応用の問題に関しては全てを解く必要はありません。もちろん、すべての問題を解ければ合格できるのは間違いありませんが主席合格でなくとも受験は突破することが出来ます。そのため、この応用部分では自分が解ける問題をどれだけしっかりと正確に解くことが出来るのかが重要になります。

勉強の方法としてはやはり、まずは基礎知識をインプットしていくのが最初となります。特に暗記の重要性は肝に銘じておかなければなりません。日本の入試問題はことのほかこの部分を重要としていきますので、覚えたものに関しては悩んで思い出せる状態ではなく、聞かれた瞬間にノータイムで答えることが出来るようにならなければいけません。応用問題に関しては学校ごとにクセや色がありますので基礎が一通り終わってから演習と分析をしていくようにしましょう。