日本の入試で求められる能力は、そのまま企業が求める人材を表しています。というよりも企業の求める人材に近い人間を取れるように入試は作成されています。大学は就職率を大切にしますので、企業が求める人材を優遇する入試を作ります。すると高校は大学が求める人材を、中学は高校が求める人材をとなりますので、結果として中学受験でも企業が求める人材像が浮かび上がってくるのです。

具体的に企業が求める人材像は、従順で真面目、一つ一つのことを丁寧にこなすことが出来る人間を求めます。最近ではその路線から外れた人材像を求める企業も増えてきましたが、まだそれは少数と言ってよいでしょう。海外と違って日本では天才を求めているのではなく、協調性があって人と足並みをそろえることが出来ると言う条件を何より重視していくのです。

よく最近一番重要なのはコミュニケーション能力が就職で採用担当が重視すると言われていますが、そのコミュニケーション能力という言葉を間違えてはいけません。これは人を楽しくする、愉快な人間ということではなく、人と連絡を取りながら物事を進めていくことの出来る能力だということを覚えて置かなければいけません。これは面接などでも変わりはありませんので大切な事となります。