偏差値の上げ方は基本的には点数を上げていく方法と変わるところはありません。ここでは具体的な偏差値ののばし方を紹介していきますので参考にしてみて下さい。

まず、偏差値とは集団の中での自分の能力値を相対的に表した指標となります。そのため、他の人と比べてどれだけ点数を取っていくかが重要となります。具体的には、簡単な問題をケアレスミスなどで落とすことが多く、逆に難しい問題は集中して解くことが出来て正答率が高かったとしてもその能力は受験で重視されることは少なくなってしまいます。ですので、入試を前提に勉強をしていくのであれば、まず簡単な基礎的な問題は絶対にはずさないようにすることが必須となります。

勉強方法の順番としては、まず基礎的な知識を限りなく100%インプットし、問題の解き方を学んでいきます。その次にやるべきことは、応用問題を解けるようにしていく、となりがちですがそうではなく、基礎問題をいかに速く、正確に解けるようにしていくかを鍛えていきます。そして最後に応用問題を解けるように学習していくことが入試突破のカギとなるのです。これは中学受験だけでなく、特殊な入試方式を採用している所を除いて高校、大学受験でも変わらないので覚えて置いて下さい。